圧着ハガキを利用して多くの相手に情報を届けましょう

郵便ポスト

特別性と秘匿性を兼ね備えた圧着ハガキ

圧着ハガキの開封口

通常のハガキですと、一目見るとどのような内容かすぐ分かるようになっています。しかし、圧着ハガキは開くという動作を行わないと、詳細が分からない仕組みです。ゆえに、誰でも案内しているわけではないという特別性と、他人に見られないようにする秘匿性を兼ね備えています。この2点があるとお客様は「自分も含めて利用している人のみの案内だ」という満足感を満たす役割があります。また仮にあまり見られたくない内容としても開かない限りは詳細が分からない為、より一層特別感が増すものとなります。しかし、圧着ハガキを自社で作成するにはどうしても手間がかかります。そこで、作成は専門業者に依頼することがベストです。お客様へ訴求する内容にリソースを割くためには必須です。圧着ハガキ作成に時間をかけるよりかは、いかに圧着ハガキを開いた際に分かりやすく、打てば響く内容にする事へ力を注いだ方が先を見据えた活動として有利なのかは一目瞭然です。確かに専門業者に依頼するにはそれなりのコストが発生しますが、このコストは今後への投資に繋がります。お客様はそういった細かい配慮へも敏感に反応する為、やるとやらないでは大きく差が開いてきます。特別性と秘匿性を満たすことによるCS向上による売り上げ増加が見込めるメリットへと繋がっていきます。

ダイレクトメールは圧着ハガキが効果抜群

普通のハガキのサイズながら、めくると情報がぎっしり詰まった圧着ハガキは広告郵便として非常に効果抜群です。圧着ハガキの広告面積は、ハガキの宛名の裏と、めくった両サイドも使えるので単純に3倍の情報を盛り込むことができます。たくさんの情報を顧客に伝えたい場合は、ダイレクトメールを使用する企業も多いものです。その中でも圧着ハガキは、見てもらえやすい広告媒体となります。新聞落ち込みのような大きなチラシだと、明らかに広告と分かりますので、あまり見ないでそのまま捨てられてしまう事もあります。後で見ようと思ってとりあえず脇に置かれ、そのまま忘れられる事もあるでしょう。しかし圧着ハガキで届いたものは、まずは何だろうかとめくってもらえるでしょう。ハガキをめくった後は一通り目を通してもらえるので、あとは目を引く魅力的な広告かどうかが問題です。そこで作成は専門業者に依頼すると良いでしょう。専門業者は圧縮ハガキの作成のプロですから、いちばん伝えたい広告内容を効果的に盛り込んでくれます。自分であれこれ考えるよりも、プロの業者に依頼する方が早いです。ダイレクトメールとしてメリットが多い圧縮ハガキの作成は、専門業者に依頼して広告効果を狙いましょう。

普通のハガキにはない圧着ハガキの様々なメリット

みなさんも何度か手に取ったことがあるでしょう。隅の方に「ここからはがす」と書かれたハガキ。それが圧着ハガキです。
その圧着ハガキには様々なメリットがあります。やはり分かりやすいのがその秘匿性の高さです。第三者に内容を知られることなく送ることができます。
この性質は請求書などの通知に最適であり、そして広告郵便にもこの圧着ハガキは最適です。広告の伝えたい内容によってはハガキ何枚分にもなることがあり、普通ハガキならその分だけ郵便料金がかかります。しかし圧着ハガキなら一枚分で送ることができ、その分だけコストをおさえる事ができます。もちろん封書よりも低コストです。
そして先ほど伝えた中身が見えない、秘匿性という性質は広告郵便にとってさらにメリットがあります。人間というものは中身が見えないと、「確かめたい」「知りたい」という心理が働きます。その分だけその広告を目にとめてもらえる可能性が高くなります。
このような優れた圧着ハガキですが、自分で作るとなるとかなり大変です。専用のメールシーラーというものが必要になるのですが、これを導入するのにはそれなりの費用が必要になります。それよりも安価な方法は、作成は専門業者に依頼することです。低料金、低ロットで作成してくれます。